メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

健康食品に新ジャンルの巻

特定保健用食品に栄養機能食品 更に三つ目も…一体何のため?

[PR]

2015年から食品の表示に新制度ができます。 今の制度では保健機能食品は「栄養機能食品」と「特定保健用食品」に分けられています。 「特定保健用食品」は、いわゆる「トクホ」のことで、体調を整える機能を持つ成分を含む、国が許可した食品です。
また「栄養機能食品」はビタミン12種類とミネラル5種類を一定量含む食品のことです。 国の許可は不要ですが「上限値以下、下限値以上」でなくてはなりません。 そして今度できる三つ目の制度が「機能性表示食品(仮称)」です。 他の二つとの違いは、企業や個人の責任で表示ができる点です。
野菜や果物などの農林水産物やその加工品でも、健康に良い機能をうたえるうようになります。 しかし、誇大表示は景品表示法や健康増進法に基づき判断されます。 「病気が治る」などの表現はNGです。 また、国の評価を受けたものではないと示す必要もあります。
今回の新制度は、政府の成長戦略の一環として導入が提言されました。 手続きが大変なトクホより、簡単に消費者の購買意欲をそそることができる制度なんですね。 しかし、自由に表示できるようになると誇大広告になり、条件を厳しくし過ぎると有益な情報を表示できなくなるため、難しいところもあるようです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです