メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空気が乾燥すると火災が増加 消防車の呼び方、知ってますか?

[PR]

11月9日は「119番の日」です。 東京消防庁によると、2014年上半期に管内で発生した火災は2519件だそうです。 1日当たり約14件という計算になります。 また、火事の原因としては「放火」が多いようです。
出火原因としては「放火」「たばこ」「グリル火災」「電気ストーブ」「大型ガスコンロ」などが挙げられます。 また、火災による死者の多くは高齢者となっています。 119番通報の際は、「火事」→「住所」→「発火原因」の順で説明しましょう。
最近では、外国人からの通報にも対応している消防署も増えています。 また、家で火事を防ぐには電気コードを机の脚で踏んだり曲げたりしないようにしましょう。 ストーブの取り扱いにも注意しましょう。
消火の際は、水をかけるのではなく、水で濡らした布をかけるようにしましょう。 炎が天井に達してしまったら、諦めて逃げましょう。 家庭用消火器を購入するのもオススメです。 消火の際は炎ではなく、燃えている物を狙ってください。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです