メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

イマドキの人気文房具

消せるマッキーに針のないホチキス 事務仕事を楽しく!

[PR]

便利で楽しい!イマドキの文房具をチェックしてみましょう。
元気のないてっしー。どうしたのでしょうか? 話を聞くと、買ってもらったばかりのペンを1日で使い切ってしまったそうです。 息抜きにギョロと最新文房具を見に行くみたいですね。
消せる太字ペンなど、より便利になった筆記具が登場。 付属ラバーでこすると消せるパイロットの「フリクション」シリーズは、ボールペンタイプもあります。 強い筆圧をかけても、斜めに書いても芯が折れないシャープペンシルも人気の模様。
一般的な大学ノートでも、使用している紙によって書き味は違います。 お気に入りの1冊を見つけてみるのも楽しいですね。 「滑らない」ノートとして受験生に人気の「豆腐ノート」や、上端のミシン目をめくって折り目を付けるとインデックスになる「ウロコノート」もおすすめです。
切れ味が向上したハサミや、取り上げやすい定規など、使いやすいだけでなく「グッドデザイン賞」を受賞した文具もあります。 針を使わないホチキスでとじた書類ならリサイクルに回しやすく、エコですね。
てっしーのお道具箱が人気の文房具でいっぱいになってしまいますね。
1949年、日本能率協会は時間目盛りを日本で初めて取り入れた「能率手帳」を発売しました。 それまで手帳は備忘録として使われていたのです。 近年は、予定だけでなく幅広い内容を書き込めるタイプが人気のようです。 編集部が注目したのは、コクヨの「ジブン手帳」。 「LIFE」「DIARY」「IDEA」の3分冊で、それぞれ人生の備忘録や日記、思いついたことを書きとめるなど目的に応じて使い分けます。 手帳をシールやマスキングテープ、写真などで飾る人も多いですね。
今ではほとんど見なくなった懐かしの文具もあります。 折り込み式ナイフの「肥後守(ひごのかみ)」は持ち運びやすく切れ味が鋭いため、1950年代まで竹細工や鉛筆削り用に子供たちの必需品でした。 1960年、浅沼稲次郎・社会党委員長を少年が刃物で刺殺する事件が起きて以来、「青少年に刃物を持たせない運動」が広がり、肥後守は姿を消しました。代わって登場したのが「ボンナイフ」です。こちらも今ではほとんどお目にかかりません。 プラスチックの筒の中に短い芯がいくつも詰まった「ロケット鉛筆」や、消しゴム専用引き出しやボタンを押すと鉛筆が飛び出す機能のある「多面筆箱」を思い出す人も多いのではないでしょうか。
イマドキの人気文房具は機能を追加したものや、デザイン的にも優れたグッズがたくさんあります。 手帳は予定を書き込むだけでなく、自由にアレンジできるタイプが人気です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです