メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心のペダル第2部

第2回 ワースト事故の草加市 自転車走行路整備後手に

車道の交通量が少ないが、やはり自転車は歩道を通る=埼玉県草加市高砂1で馬場直子撮影

 2003〜12年の10年平均で、自転車事故発生率が最も高かった埼玉県草加市。年ごとで見ても06、08、09年とワーストで、ワースト10から外れたのは03年(22位)だけ。最近は10年6位、11年3位、12年2位と悪化している。

 玄関口の東武スカイツリーライン草加駅で降りると、周辺は自転車が頻繁に行き交っていた。

 駅東口から東に延びる県道は、約180メートルにわたって車道両端を青色に塗った自転車レーンがある。市…

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです