メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日メディアカフェ

「知ろうとすること。」在家のすすめ−−糸井・早野対談詳報(1)

共著「知ろうとすること。」の執筆過程などについて話す糸井重里さん(奥)と早野龍五・東大教授=東京都千代田区で2014年10月29日、徳野仁子撮影

 コピーライターで「ほぼ日刊イトイ新聞」を主宰する糸井重里さん(ツイッター:@itoi_shigesato)と早野龍五・東京大教授(ツイッター:@hayano)の共著「知ろうとすること。」(新潮社)が話題になっています。2011年の東日本大震災直後から福島の放射線の事実を分析し、ツイッターで発信を続けた早野さんとその姿勢に共感した糸井さん。共著発売から1カ月、2人はいま何を考えているのでしょうか。毎日メディアカフェで10月29日にあった公開対談「『知ろうとすること。』からはじめよう」の内容をまとめました。【まとめ:石戸諭/デジタル報道センター】

 −−本日の司会は斗ケ沢(秀俊・毎日新聞水と緑の地球環境本部長、ツイッター:@hidetoga)が務めます。まず震災、原発事故後にお二人が考えたこと、行動したことを伺って対談を始めたいと思います。

 早野さん きょう僕は、表紙で着ているTシャツを着てきました(着ていたシャツを脱ぎTシャツ姿に。会場から拍手)。ご質問の答えは本に書いてあります(笑い)。もう一度、話すことがあるかな。同じ話をすると、自分で話したことで自分の記憶が固定化されていくので、実は危ないと思っています。

この記事は有料記事です。

残り8283文字(全文8795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです