メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心のペダル第2部

第3回 若者の自転車利用急増で輪禍も 埼玉県戸田市

車道の交通量が少ないにもかかわらず、歩道を通る自転車が目立つ=埼玉県戸田市上戸田5で、馬場直子撮影

 2003〜12年の自転車死傷事故の都市別発生率ランキングで、埼玉県戸田市は05、10、11年にワーストとなった。10年間平均でも2位で、ワースト5入りは8回と同県草加市と並び全国トップ。ワースト10から外れたのは09年(13位)だけだ。

 戸田市は荒川を挟む形で東京都板橋区と接し、面積18平方キロ。JR埼京線の駅が市内に三つあり、東京へのアクセスは良い。利便性に加え地価の安さも影響して、埼京線が開通した1985年に7・6万人だった人口は今年、13万人を超えた。

 市防犯くらし交通課の担当者は自転車事故が多い現状を認識しているという。そして高い事故率の背景には、…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです