メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「日影」と「日陰」の違い

警察官は「日影の存在」? 日光が当たるのか、当たらないのか

[PR]

「日影」と「日陰」の違い
文太さんが「警察官が目立ちたがるのはよくない」と話しています。
警察官は「日影」の存在であるべき、と言う文太さんに、ケビンさんが「日影じゃダメ」と指摘します。 「日影」と「日陰」、どう違うのでしょうか。
「日影」は「日の光、日差し」を指す言葉。 光が当たってできる黒い「影」という意味もあり、目立たない存在を表すのにはふさわしくないわけです。
「入り日影」という言葉は、「夕日の光」を意味します。 そして「日陰」。こちらは「ものかげ(物陰。物に隠れたところ)、日光の当たらない場所」の意味。 「日影」にも「ものかげ」という意味がありますが、こちらは「物影」と書き、「何かの姿、形」のこと。 「物影が動く」などと使いますが、ややこしいので、「日影」と「日陰」は別の意味の言葉として使い分けたほうがいいでしょう。
「正反対の意味なんだな」
「日影」と「日陰」は、「日の光」と「ものかげ」で反対の意味。 警察官は「日陰の存在」で、市民のみなさんには「日影」が当たるようにしないといけません。
「日影」は日の光、日差し 「日陰」は日光の当たらない場所

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです