メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「日影」と「日陰」の違い

警察官は「日影の存在」? 日光が当たるのか、当たらないのか

[PR]

「日影」と「日陰」の違い
文太さんが「警察官が目立ちたがるのはよくない」と話しています。
警察官は「日影」の存在であるべき、と言う文太さんに、ケビンさんが「日影じゃダメ」と指摘します。 「日影」と「日陰」、どう違うのでしょうか。
「日影」は「日の光、日差し」を指す言葉。 光が当たってできる黒い「影」という意味もあり、目立たない存在を表すのにはふさわしくないわけです。
「入り日影」という言葉は、「夕日の光」を意味します。 そして「日陰」。こちらは「ものかげ(物陰。物に隠れたところ)、日光の当たらない場所」の意味。 「日影」にも「ものかげ」という意味がありますが、こちらは「物影」と書き、「何かの姿、形」のこと。 「物影が動く」などと使いますが、ややこしいので、「日影」と「日陰」は別の意味の言葉として使い分けたほうがいいでしょう。
「正反対の意味なんだな」
「日影」と「日陰」は、「日の光」と「ものかげ」で反対の意味。 警察官は「日陰の存在」で、市民のみなさんには「日影」が当たるようにしないといけません。
「日影」は日の光、日差し 「日陰」は日光の当たらない場所

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです