メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心のペダル第2部

第4回 「歩道活用」が錯綜招く 東京都台東区

左側を自転車用(路面に自転車マークを表示)、右側を歩行者用に分けている自転車歩行者道。しかし、自転車と歩行者が混在して行き交っている=東京都台東区の浅草通りで、馬場直子撮影

 東京都台東区は人口10万人以上の全国289都市中、自転車死傷事故の発生率が4番目に高かった(2003〜12年の10年間平均)。

 区内の全交通事故に占める自転車事故の割合は4割を超える。09年は1060件のうち461件で43・5%、11年は45・0%、13年は41・3%。平均的な割合は全国で20%、都内で30%とされる中で、極めて高率だ。

 さらに、自転車事故のうち歩行者が関わった事故が、09年の20件から13年は37件に増加した。区交通…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです