メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
安心のペダル第2部

第4回 「歩道活用」が錯綜招く 東京都台東区

左側を自転車用(路面に自転車マークを表示)、右側を歩行者用に分けている自転車歩行者道。しかし、自転車と歩行者が混在して行き交っている=東京都台東区の浅草通りで、馬場直子撮影

 東京都台東区は人口10万人以上の全国289都市中、自転車死傷事故の発生率が4番目に高かった(2003〜12年の10年間平均)。

 区内の全交通事故に占める自転車事故の割合は4割を超える。09年は1060件のうち461件で43・5%、11年は45・0%、13年は41・3%。平均的な割合は全国で20%、都内で30%とされる中で、極めて高率だ。

 さらに、自転車事故のうち歩行者が関わった事故が、09年の20件から13年は37件に増加した。区交通…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1050文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです