メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グーグルリンク削除仮処分

神田知宏弁護士に聞く「裁判所の誤解が解けた」

インタビューに答える神田知宏弁護士=東京都内で尾村洋介撮影

 日本人男性への人格権侵害を理由に、米グーグルの検索エンジンによる検索結果に対して削除の仮処分を命じた東京地裁の決定。男性の代理人を務めた神田知宏弁護士に、その意義付けなどを聞いた。【聞き手・尾村洋介/デジタル報道センター】

 −−今回の決定について、「忘れられる権利」が認められた決定、という報道がありました。

 ◆「忘れられる権利」という言葉は、EUのデータ保護規則案17条の中に初めて使われて「これはすごい」ということで知られるようになった。あの規定は、個人情報を扱っている事業者に対して「削除しろ」という規定です。それが去年、欧州議会で議決されたときには「忘れられる権利」という項目が「消去権」という表現に変わった。ただ、議会によると、名前が変わったけれども「忘れられる権利」の趣旨を含んでいるという説明に…

この記事は有料記事です。

残り4663文字(全文5018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです