メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

七五三とはの巻

3歳の男女、5歳の男子、7歳の女子 そもそもどんなお祝い?

[PR]

「七五三」は3歳の男女、5歳の男子、7歳の女子の成長を祝う行事です。 昔は子供の死亡率が高かったため「7歳までは神のうち」と言われていたそうです。
なぜ「七五三」なのかというと、中国から伝わった陰陽道で縁起のいい数字だとされているからだそうです。 平安時代ごろから儀式はあったものの別々のものでした。 そして江戸時代のはじめごろにまとめて「七五三」と言われるようになりました。
11月15日に祝うのは五代目将軍徳川綱吉の子供の徳松のお祝いが起源だと言われています。 ちなみに昔は数え年でしたが現在は満年齢で祝うのが一般的です。 また、七五三に付きものの「千歳飴」は長生きをするように縁起を担いでいるそうです。
名古屋市の熱田神宮では千歳飴の代わりに「福笹飴」が売られています。 さらに、千葉県や茨城県ではものすごく盛大に祝うそうです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです