メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「心肺停止」と「死亡」の違い

警察や消防はできない診断 それをするのは…

[PR]

「心肺停止」と「死亡」の違い 矢尾「よく分からん」
矢尾「よく分からないんだよなっ」 ケビン「世の中、分からないことだらけデース」 矢尾「いや、まあその通りなんだけどなっ。この間の御嶽山の噴火で、多くの犠牲者が出ただろ?」 ケビン「ハイ。痛ましい災害デシタ」 矢尾「あのニュースで『心肺停止』状態で見つかった人たちがいたって言ってたじゃねぇか」 ケビン「言ってマシタネ」
矢尾「それで後から『死亡』を確認って」 ケビン「イエス」 矢尾「『心肺停止』と『死亡』って、そりゃ違うんだろうけど、どう使い分けてたんだっ?」 ケビン「承知シマシタ。僕が解説して差し上げマース」
自然というものは本当に恐ろしい、という当たり前のことを、改めて思い知らされた災害でした。 今回は、「心肺停止」と「死亡」が、御嶽山噴火の被害を伝えるニュースではどのように使い分けられていたのか、解説します。 「心肺停止」とは、心臓も呼吸(肺)も停止して意識がなくなり、死が目前に迫っている状態のこと。 人間の脳は心臓が停止して血液が流れなくなると、4~5分で回復不可能な障害を受けると言われています。 そのため、「心肺停止」状態になったら、すみやかにAED(自動体外式除細動器)や人工呼吸などで蘇生措置を施す必要があるのです。 また、心音と呼吸の有無を確認すれば、誰でも「心肺停止」と判断できます。
一方、「死亡」の診断は、医師のみができる医療行為。 医師が「死亡」と診断するには「心肺停止」に加え、瞳孔に光を当てても開いたまま(瞳孔散大)かどうかを確認する必要があります。 「脳死」にはまた別の条件があります。 御嶽山の場合、実質的には「死亡」していた犠牲者でも、発見時には「心肺停止」の状態であるとし、その後の医師の診断を待って「死亡」と伝えていました。 捜索していた警察や消防は「死亡」を判断することはできないということです。
矢尾「なるほどなぁ」
矢尾「杓子(しゃくし)定規な感じもするが、必要な手続きではあるんだなっ」 ケビン「ソウデスネ。もっとも海外のメディアでは発見時点で「死亡」と伝えていたところもあったようデスガ……」 矢尾「なんとも、難しい話でもある……」 ケビン「では、今回の話をまとめマスネ」
心肺停止とは、心音と呼吸が停止している状態のこと。 死亡とは、心肺停止、瞳孔散大を医師が確認し診断するもの。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  3. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

  4. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

  5. 公文書クライシス 「記録作らない恐れ」省庁指摘、内閣府黙殺 ガイドライン改定論議に反映せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです