メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

活火山

何に注意して登ればいいのか 焼岳で考えた

上高地から焼岳へ。樹林帯の高度を上げると、焼岳の姿が見えてきた=2014年10月11日午前8時30分、、小野博宣撮影

 9月27日の噴火で戦後最大の犠牲者を出した御嶽山(おんたけさん、3067メートル)は、日本百名山の一つ。比較的登りやすく、人気の山岳だった。同様に山頂付近まで登ることのできる活火山は、富士山をはじめ数多い。火山に登るにあたり何に注意したらいいのだろうか。北アルプスで唯一の活火山であり、日本百名山の焼岳(2455メートル)で考えてみた。【生活報道部・小野博宣、デジタル報道センター・高橋昌紀】 

 活火山には登らない方がいい、と思う方も多いだろう。しかし、荒々しい山肌を持つ活火山は山岳としての人…

この記事は有料記事です。

残り2490文字(全文2738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです