安倍首相

「過半数得られなければ退陣」 会見要旨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で消費増税延期と衆院解散を表明する安倍晋三首相=首相官邸で2014年11月18日午後7時15分、藤井太郎撮影
記者会見で消費増税延期と衆院解散を表明する安倍晋三首相=首相官邸で2014年11月18日午後7時15分、藤井太郎撮影

 安倍晋三首相が18日、首相官邸で行った記者会見の要旨は次の通り。

<冒頭発言>

 消費税の10%への引き上げを予定通り来年10月に行うべきかずっと考えてきた。景気が腰折れすると国民生活に大きな負担をかける。税率を上げても税収が増えなくては元も子もない。(経済は)残念ながら成長軌道に戻っていない。デフレから脱却し、経済を成長させる「アベノミクス」の成功を確かなものにするため、引き上げを18カ月延期する。

 国民全体の所得を押し上げ、地方経済に景気回復の効果を波及させる力強い経済対策を実施する。次期通常国会に補正予算案を提出する。2017年4月の(税率)引き上げは確実に実施する。20年度の財政健全化目標も堅持する。

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1247文字)

次に読みたい

あわせて読みたい