メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

チンパンジーと人間の巻

遺伝子の違いは2% 決定的な差は?

[PR]

チンパンジーとヒトの遺伝子は98.4%同じだそうです。 ボノボ、ゴリラ、チンパンジーはヒトと同じ霊長類ヒト科に分類される「大型類人猿」です。 京都大学霊長類研究所の「アイ」は100以上の単語を覚え、「赤い・歯ブラシ・5本」などの文章をつづることもできます。
チンパンジーもくすぐられると笑うような声を出しますが、横隔膜や筋肉の微妙なコントロールができないため話すことは苦手です。 また、高い知性の現れと言われる「あくびの伝染」も起きるそうです。
ある実験では、相手から要求があった場合に自分が持っている道具を別の部屋の相手に渡してやるという行動が見られました。 人間の助け合いの出発点だった可能性もあるのです。 野生チンパンジー研究の第一人者ジェーン・グドールさんは、アリ塚に草の茎などを差し込んでシロアリを釣るなどの行動や知識が親から子へ引き継がれることを示しました。
人間との決定的な違いは、目の前に「ない」ものを想像することです。 また、哺乳類の中で人間だけが未熟児の状態で出産することも関係があるかもしれません。 集団の協力と教育が不可欠な人間だからこそなのでしょうか。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです