メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「青ネギ」と「白ネギ」の違い

出身地で変わる あなたはどちら? 

[PR]

「青ネギ」と「白ネギ」の違いについて。
お肉屋さん、今日はすき焼きのようでうきうきしています。 もちろん共食いではありません。 牛島さんだけに、牛がネギを背負うとはなんとも面白いですね。
牛島さんは下仁田ネギが好きなようです。 刻んだ万能ネギを振りかけてもおいしいですね。 同じネギでも味や色は全く違います。
西日本出身の方は「青ネギ」、東日本出身の方は「白ネギ」が親しまれているのではないでしょうか? 「青ネギ」は、緑の部分が長く枝分かれしていて、葉の先まで食べられるネギのことです。「葉ネギ」「万能ネギ」などとも呼ばれます。もともとは西日本で栽培、食されていました。 ちなみに「わけぎ」はネギとタマネギを交雑させたもので「青ネギ」とは別物です。
一方の「白ネギ」は「長ネギ」「根深ネギ」とも呼ばれる、茎を包んだ葉の部分である葉鞘(ようしょう)が白く長いネギのことです。下仁田ネギが有名ですね。 耕土が深く、冬の寒さが厳しい東日本では「白ネギ」が、温暖で耕土の浅い西日本では「青ネギ」栽培が発達しました。 輸送方法の発達により今ではどちらも全国で食べられていますね。
でもやっぱり…
すき焼きの主役はお肉ですね。そして、すき焼きのシメの「ネギ飯」も最高です。 ケビン先生は生のネギは苦手なんですね。
「青ネギ」は葉の先端まで食べられて主に西日本で栽培。「白ネギ」は葉鞘部分が長く主に東日本で栽培されています。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです