メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

生命誕生、解明に挑む 水、有機物ある小惑星探査

「はやぶさ2」52億キロの旅

 世界で初めて小惑星の物質を持ち帰ることに成功した探査機「はやぶさ」の帰還から4年余り。後継機の「はやぶさ2」が30日、種子島宇宙センター(鹿児島県)からH2Aロケットで打ち上げられる。初号機は、小惑星往復に初めて挑んだ「実験機」だったが、今回は有機物や水のある小惑星を探査し、生命誕生の謎を解明するという科学的成果を上げる「実用機」として開発。トラブル続きだった初号機を教訓に数々の改良を重ね、小惑星内部の物質採取など「世界初」に挑む。【大場あい】

 「単に小惑星を知るのではなく、得られたデータから地球がどう生まれ、生命を育む星になったのかという歴…

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2133文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  4. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  5. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです