メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワシントン・スケッチ

(7)ケネディ米大統領暗殺/2 陰謀説の渦中に巡査殺害事件も巻き込まれ

ティピット巡査がオズワルド容疑者に射殺されたダラス市オーククリフ地区の現場。「ここでティピットは撃たれた」と指さすロデリック・ジャニッチ巡査長=及川正也撮影

 ケネディ大統領銃撃の一報を受けて現場から約10キロ離れたダラス市南西のオーククリフ地区をパトカーで1人で巡回していたティピット巡査が、不審な男を呼び止めたのは銃撃から45分後の11月22日午後1時15分だった。

 窓越しに会話を交わした後、パトカーから降りたティピット巡査はオズワルド容疑者が所持していた拳銃でいきなり胸を3発撃たれ、倒れたところに頭部を1発撃たれ、これが致命傷となり、死亡した。

 「長年の警官の本能が働いて職務質問した。優秀な警官の証しだ」。ダラス市警歴史館長のロデリック・ジャ…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1047文字)

及川正也

1988年入社。水戸支局を経て92年から2004年まで東京本社政治部。首相官邸や自民党、防衛庁(現防衛省)、外務省などを担当。主に政界再編取材にあたった。05年から09年までワシントン特派員としてイラク戦争、オバマ大統領が当選した08年大統領選など米国の内政・安全保障問題を取材。09年から政治部、経済部、外信部の各デスクを歴任し13年4月から現職。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです