メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ウエストサイド物語」で名曲「トゥナイト」を歌うトニー役の古城都(左)とマリア役の八汐路まり

◇限界に挑み、可能性広げ

 宝塚歌劇の出発点は、日本物の作品をオーケストラの演奏に合わせて上演する「独自の音楽劇」の創造。今でこそ宝塚流にアレンジした「エリザベート」「ミー&マイガール」「ロミオとジュリエット」など、海外発のミュージカルが当たり前のように上演されているが、海外作品上演の一歩を踏み出した先人たちには多くの苦労があった。

この記事は有料記事です。

残り1663文字(全文1829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです