メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死にゆく星の旋律

世界最先端の電波望遠鏡のデータがオルゴールに

作品「ALMA MUSIC BOX:死にゆく星の旋律」を体感する人たち=東京都港区で2014年11月21日、中村好見撮影

「死にゆく星」の電波はどんな音色を奏でるのか−−。宇宙や生命の起源に迫るため、日本を含む21の国と地域で南米チリに建設し、2013年から本格的な観測を始めた「アルマ望遠鏡」。その観測データを使った世界初のアート作品が、東京ミッドタウン(東京都港区)の「21_21 DESIGN SIGHT」で開催中の企画展「活動のデザイン展」で展示されている。国立天文台とクリエーターによる初のコラボレーションに、国内外から注目が集まっている。【中村好見】

 どこかもの悲しい、不思議なオルゴールの旋律。壁に投影された浮遊感のある映像。作品「ALMA MUSIC BOX:死にゆく星の旋律」は、寿命を迎えつつある、地球から950光年かなたの「ちょうこくしつ座R星」を、聴覚と視覚で体感する試みだ。星は宇宙空間にガスを噴出し、芯だけになっていく途中にある。アルマ望遠鏡が70の異なる周波数の電波で捉えたガス(一酸化炭素)の分布を画像で表し、70枚のオルゴールデ…

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文1957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです