連載

図解で納得

毎日新聞デジタルの「図解で納得」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

図解で納得

クマさんに出合ったら

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
クマさんに出合ったら
クマさんに出合ったら

ある日、森の中で その時、どうすればいい?

Qクマに出合ったら… どうすればいい?
Qクマに出合ったら… どうすればいい?
善蔵「今年は人がクマに襲われる事故が多いですね…」
ギョロ星人「人里への出没が増えているギョロ。岐阜や長野、福井県などでは既に13年1年間の件数を超えたギョ」
善蔵「襲われたら、ひとたまりもないですよね。千鶴ちゃんと2人で死んだふりをすれば助かるのかな…」
ギョロ星人「なんで2人ギョロよ。そんな危ないところに千鶴を連れて行くなギョ」
善蔵「どうしたらいいんだろう?」
ギョロ星人「頼りないやつギョ。チンが対処法を解説するから、しっかり覚えておけギョロ」
善蔵「今年は人がクマに襲われる事故が多いですね…」 ギョロ星人「人里への出没が増えているギョロ。岐阜や長野、福井県などでは既に13年1年間の件数を超えたギョ」 善蔵「襲われたら、ひとたまりもないですよね。千鶴ちゃんと2人で死んだふりをすれば助かるのかな…」 ギョロ星人「なんで2人ギョロよ。そんな危ないところに千鶴を連れて行くなギョ」 善蔵「どうしたらいいんだろう?」 ギョロ星人「頼りないやつギョ。チンが対処法を解説するから、しっかり覚えておけギョロ」
日本では国土の4割にクマがすんでいます。
本州にいるのはツキノワグマ。
胸の白い三日月模様が特徴で、主に落葉広葉樹林にすんでいます。
北海道だけに生息しているのがヒグマで、これは日本にいる最大の陸上動物です。
日本では国土の4割にクマがすんでいます。 本州にいるのはツキノワグマ。 胸の白い三日月模様が特徴で、主に落葉広葉樹林にすんでいます。 北海道だけに生息しているのがヒグマで、これは日本にいる最大の陸上動物です。
岐阜県では農家の男性がクマに襲われて死亡する事故も起きました。
北海道でもキノコ採りの男性がヒグマに襲われ重傷を負うなど、各地で被害が続いています。
出没件数の増加は、どうやら餌不足が原因だとみられています。
岐阜県では農家の男性がクマに襲われて死亡する事故も起きました。 北海道でもキノコ採りの男性がヒグマに襲われ重傷を負うなど、各地で被害が続いています。 出没件数の増加は、どうやら餌不足が原因だとみられています。
ヒグマはサケなども食べますが、ツキノワグマの食べ物の9割以上は植物。
秋になり、ドングリが不作だと、餌を探して山から下りてくるのです。
そうすると、人と接する機会が増え、被害も増えることに。
餌不足で空腹だと、冬眠しない恐れもあります。
ヒグマはサケなども食べますが、ツキノワグマの食べ物の9割以上は植物。 秋になり、ドングリが不作だと、餌を探して山から下りてくるのです。 そうすると、人と接する機会が増え、被害も増えることに。 餌不足で空腹だと、冬眠しない恐れもあります。
善蔵「クマも生きるために必死なんだな…」
善蔵「クマも生きるために必死なんだな…」
もしも遭遇してしまったら、どうすればいいのでしょうか。
クマは背を向けて逃げるものを本能的に追います。
ヒグマは100メートルを7秒で走るので、逃げ切ることは不可能。
もしも遭遇してしまったなら、目をそらさずに静かに後ずさりましょう。
「死んだふり」は俗説で、効果は期待できません。
また、クマは木登りが得意です。
木に登ると、追い詰められてしまう危険性があります。
火にも脅えません。
もしも遭遇してしまったら、どうすればいいのでしょうか。 クマは背を向けて逃げるものを本能的に追います。 ヒグマは100メートルを7秒で走るので、逃げ切ることは不可能。 もしも遭遇してしまったなら、目をそらさずに静かに後ずさりましょう。 「死んだふり」は俗説で、効果は期待できません。 また、クマは木登りが得意です。 木に登ると、追い詰められてしまう危険性があります。 火にも脅えません。
被害に遭わないためには、出合わないのが一番。
クマは大きな音を恐れる動物なので、山に入る時にはクマよけの鈴を付けたり、ラジオをつけたりして、「ここに人間がいる」とクマに知らせましょう。
クマが活発に活動する早朝や夕方は山に入るのを避け、フンや足跡に気づいたらその場から離れることも大切です。
至近距離で襲われた場合は弱点の鼻を攻撃するしかありませんが、これは最後の手段です。
また、食べ物のにおいが漏れないように密封し、食べ残しやごみは絶対に放置しないようにしましょう。
クマは味を覚え、同じ場所に出てくるようになります。
住宅地でも、ごみはクマを寄せ付けるものです。
撃退スプレーも有効です。
被害に遭わないためには、出合わないのが一番。 クマは大きな音を恐れる動物なので、山に入る時にはクマよけの鈴を付けたり、ラジオをつけたりして、「ここに人間がいる」とクマに知らせましょう。 クマが活発に活動する早朝や夕方は山に入るのを避け、フンや足跡に気づいたらその場から離れることも大切です。 至近距離で襲われた場合は弱点の鼻を攻撃するしかありませんが、これは最後の手段です。 また、食べ物のにおいが漏れないように密封し、食べ残しやごみは絶対に放置しないようにしましょう。 クマは味を覚え、同じ場所に出てくるようになります。 住宅地でも、ごみはクマを寄せ付けるものです。 撃退スプレーも有効です。
Qクマに出合ったら… どうすればいい?
A餌不足でクマの行動範囲が広がり、人が襲われる被害が増えています。
 出合った時は慌てない、騒がない、走って逃げないことが大切です。
Qクマに出合ったら… どうすればいい? A餌不足でクマの行動範囲が広がり、人が襲われる被害が増えています。  出合った時は慌てない、騒がない、走って逃げないことが大切です。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集