秘密保護法

運用基準の要旨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 特定秘密保護法の運用基準の要旨は次の通り。

<留意事項>

・特定秘密保護法が定める各規定を拡張して解釈してはならない。必要最小限の情報を必要最低限の期間に限って特定秘密として指定する。

・憲法が規定する基本的人権を不当に侵害しない。

・国民の知る権利は、憲法21条が保障する表現の自由や、憲法がよって立つ基盤の民主主義社会の在り方と結び付いたものとして、十分尊重されるべきものである。

この記事は有料記事です。

残り3094文字(全文3283文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集