メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秘密保護法

運用基準の要旨

 特定秘密保護法の運用基準の要旨は次の通り。

<留意事項>

・特定秘密保護法が定める各規定を拡張して解釈してはならない。必要最小限の情報を必要最低限の期間に限って特定秘密として指定する。

・憲法が規定する基本的人権を不当に侵害しない。

・国民の知る権利は、憲法21条が保障する表現の自由や、憲法がよって立つ基盤の民主主義社会の在り方と結び付いたものとして、十分尊重されるべきものである。

この記事は有料記事です。

残り3094文字(全文3283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです