メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

兄はやぶさの奇跡 60億キロの旅を振り返る

イトカワに近づく小惑星探査機「はやぶさ」=イラスト池下章裕さん、JAXA提供

 生命の起源の解明を目指す小惑星への旅に、はやぶさ2が出発しました。はやぶさ2の先輩にあたる初号機はやぶさが地球へ帰還したのは4年半前。はやぶさの波瀾(はらん)万丈の旅から、はやぶさ2は多くのことを学んだとされています。はやぶさの旅を振り返り、はやぶさ2の今後の大航海に思いをはせてみましょう。

1985年、小さな研究会から生まれた壮大プラン

 はやぶさ2の「先輩」探査機、はやぶさは2003年5月、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所のロケット発射場から、M5ロケットに搭載して打ち上げられました。

 はやぶさの構想が生まれたのは1985年。当時、文部省宇宙科学研究所の小さな研究会の場でした。そこで「小惑星に無人の探査機を送り込み、小惑星の物質を採取して、地球へ持ち帰る」という野心的なプランが提案されたのです。しかし、その頃の日本は、地球周回軌道から天文観測をする科学衛星をようやく打ち上げられるようになった時期で、惑星の探査、それも往復するという計画は「絶対に無理」と受け止められました。米航空…

この記事は有料記事です。

残り3301文字(全文3749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです