メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

ついでに実家も大掃除

家の中の転倒で最も多い場所は?安全に暮らすために片付けよう

[PR]

放置はけがのもと! 実家を片付けるコツはを解説します。
実家が散らかっていたことにショックを受けるダリア先生。 年を取れば、誰でも気力も体力も落ち掃除が大変になります。「親の家の片付け」問題は今話題ですね。 年末は大掃除のチャンスです。
東京消防庁の統計によると、日常生活の事故で救急搬送された高齢者の原因の約8割が「転倒」でした。 発生場所は、「住宅内」が約6割を占めます。 生活動線を片付けることが大切です。
「物がない」時代に育った親は、「物が捨てられない世代」です。 捨てる、捨てないの判断をするのは、子供ではなく親であることを肝に銘じましょう。 親の意向を最大限に尊重し、少しずつ片付けましょう。
使わなくても、捨てたくない物は保管箱に入れて内容物を明記したラベルを貼る、納戸や別の部屋に持って行くと、「大切な物はとってある」と安心感につながります。 時間がかかりそうなものは後回しにしましょう。
片付け中の暴言には注意ですね。
よく使うキッチンなどの引き出しから始めると、片付けが短時間で済みます。結果を実感しやすく、親の意欲も高まるのです。 また、やがて訪れる遺品整理に備え、貴重品などの置き場所を把握しておくと良いです。
安心・安全な家づくりというゴールを目指す作業である一方、物を通して、親の人生とじっくり向き合う作業でもあります。 親と思い出を共有することで、新しい一面を知ることができるかもしれませんね。 遺品整理業者や便利屋のほか、最近は大手引っ越し業者も部屋の片付けサービスを提供しています。上手に利用してみましょう。
親の気持ちに寄り添って、安全に暮らせる家を目指しましょう。 一緒に作業すれば、新しい一面を見られるかもしれません。 業者に依頼するのもひとつの手段です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです