連載

コトバ解説

毎日新聞デジタルの「コトバ解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コトバ解説

「交響曲」と「協奏曲」の違い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「交響曲」と「協奏曲」の違い
「交響曲」と「協奏曲」の違い

ソロがあるかないか あるのはどっち

「交響曲」と「協奏曲」の違いは?
「交響曲」と「協奏曲」の違いは?
バイオリンもできるマキちゃん。
ソロで演奏するそうです。
しかし、「交響曲」では何がおかしいのでしょう?
バイオリンもできるマキちゃん。 ソロで演奏するそうです。 しかし、「交響曲」では何がおかしいのでしょう?
ソロがあるのなら、「協奏曲」なのですね。
二つの違いをケビン先生が解説します。
ソロがあるのなら、「協奏曲」なのですね。 二つの違いをケビン先生が解説します。
今回はクラシック音楽に関する用語の解説です。
「交響曲」は、シンフォニーとも呼ばれ、18世紀の中ごろに成立したとされています。
管楽器や弦楽器、打楽器などで構成するオーケストラによって演奏される大規模な楽曲です。
基本的に4つの楽章で構成されます。
今回はクラシック音楽に関する用語の解説です。 「交響曲」は、シンフォニーとも呼ばれ、18世紀の中ごろに成立したとされています。 管楽器や弦楽器、打楽器などで構成するオーケストラによって演奏される大規模な楽曲です。 基本的に4つの楽章で構成されます。
一方の「協奏曲」はソロの演奏者とオーケストラが合奏する楽曲のことです。
その出現は、16世紀にまでさかのぼるそうです。
コンチェルトとも呼ばれ、基本的には「交響曲」の第三楽章がない全三楽章で構成されます。
その特徴は「カデンツァ」の存在。「カデンツァ」とは、ソリストが演奏する部分のことです。
一方の「協奏曲」はソロの演奏者とオーケストラが合奏する楽曲のことです。 その出現は、16世紀にまでさかのぼるそうです。 コンチェルトとも呼ばれ、基本的には「交響曲」の第三楽章がない全三楽章で構成されます。 その特徴は「カデンツァ」の存在。「カデンツァ」とは、ソリストが演奏する部分のことです。
マキちゃんはピアノも弾けるんですね。
マキちゃんはピアノも弾けるんですね。
ピアノソロもできるマキちゃん。
ケビン先生の妻、アンジェリカも最近ピアノを始めたそうです。
連弾できるといいですね。
ピアノソロもできるマキちゃん。 ケビン先生の妻、アンジェリカも最近ピアノを始めたそうです。 連弾できるといいですね。
「交響曲」はオーケストラによって演奏される大規模な楽曲のこと、「協奏曲」はソロ演奏者とオーケストラが合奏する楽曲のことです。
「交響曲」はオーケストラによって演奏される大規模な楽曲のこと、「協奏曲」はソロ演奏者とオーケストラが合奏する楽曲のことです。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集