メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国的話題

(40)将棋交流イベント

子供将棋大会で対局に臨む日中の児童

 日本と中国の小中学生が日本将棋を通じて交流を深める「第18回日中国際交流子供将棋大会」が13〜14日、北京の国際交流基金日本文化センターで開かれた。対局には日中の小学生を中心に48人が参加して腕を競うとともに、中国で日本将棋の理解を深める機会となった。

 中国の将棋は駒の動かし方や、奪った駒を再び使えない点などが日本のルールと異なる。日本将棋は「論理的な考え方を鍛える訓練になる」として中国各地に広がり、特に上海や北京などの都市部で盛んだ。

 大会はセンターや北京将棋倶楽部、北京日本人会、北京日本人学校が共催した。協力・後援などで日本将棋連盟、NPO「将棋を世界に広める会(ISPS)」、人民中国雑誌社、日本航空が名を連ねた。日本から青野照市九段と室谷由紀女流初段も参加し、子供たちに将棋の指し方を指導した。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文887文字)

工藤哲

上海支局記者 1999年入社。盛岡支局、東京社会部、外信部、中国総局(北京、2011~16年)、特別報道グループ、外信部を経て、2018年4月から現職。北京駐在時には反日デモや習近平指導部が発足した第18回共産党大会などを取材してきた。著書に「中国人の本音日本をこう見ている」(平凡社新書)など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「少年ジャンプ」が発売延期 編集部社員が新型コロナ感染 27日に「合併号」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです