メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国的話題

(40)将棋交流イベント

子供将棋大会で対局に臨む日中の児童

 日本と中国の小中学生が日本将棋を通じて交流を深める「第18回日中国際交流子供将棋大会」が13〜14日、北京の国際交流基金日本文化センターで開かれた。対局には日中の小学生を中心に48人が参加して腕を競うとともに、中国で日本将棋の理解を深める機会となった。

 中国の将棋は駒の動かし方や、奪った駒を再び使えない点などが日本のルールと異なる。日本将棋は「論理的な考え方を鍛える訓練になる」として中国各地に広がり、特に上海や北京などの都市部で盛んだ。

 大会はセンターや北京将棋倶楽部、北京日本人会、北京日本人学校が共催した。協力・後援などで日本将棋連…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文887文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

工藤哲

上海支局記者 1999年入社。盛岡支局、東京社会部、外信部、中国総局(北京、2011~16年)、特別報道グループ、外信部を経て、2018年4月から現職。北京駐在時には反日デモや習近平指導部が発足した第18回共産党大会などを取材してきた。著書に「中国人の本音日本をこう見ている」(平凡社新書)など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです