STAP問題

小保方氏の「コツ」明らかにならず−−理研会見一問一答(1)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
STAP現象の検証結果について説明する理化学研究所の相沢慎一特任顧問(左)の隣で、目をつぶり険しい表情を浮かべる丹羽仁史氏=東京都港区で2014年12月19日午前11時35分、喜屋武真之介撮影
STAP現象の検証結果について説明する理化学研究所の相沢慎一特任顧問(左)の隣で、目をつぶり険しい表情を浮かべる丹羽仁史氏=東京都港区で2014年12月19日午前11時35分、喜屋武真之介撮影

 理研の会見の主な質疑応答は以下の通り。

 −−小保方さんは4月の会見で200回以上成功したといった。そのやり方ではなぜ成功できなかったのか。

 相沢慎一チームリーダー 小保方さんがいったん成功したSTAP現象はどういうことだったか。緑色蛍光を発光するような細胞塊が出ているということがあれば、今回の検証実験でも出てきている。しかし、本当にリプログラミング(初期化)されたかどうかということは話が別だ。

 −−小保方さんが話していた「コツ」は明らかになったのか。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文667文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集