STAP問題

小保方氏の状況「主観的になるので差し控えたい」−−理研会見一問一答(4)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
STAP細胞の有無を確かめる検証実験の結果について説明した後、記者の質問を聞く理化学研究所の丹羽仁史氏(右奥)=東京都港区で2014年12月19日午前11時23分、宮間俊樹撮影
STAP細胞の有無を確かめる検証実験の結果について説明した後、記者の質問を聞く理化学研究所の丹羽仁史氏(右奥)=東京都港区で2014年12月19日午前11時23分、宮間俊樹撮影

 −−「ネイチャー」論文のSTAP細胞ができたというデータは一体なんだったのか?

 相沢 お答えするのが難しい。この場で申し上げられることは、STAP現象を再現することはできなかった。検証チームのミッションで実現できなかった。そのことと論文の乖離(かいり)は、検証実験だけではお答えすることができない。

 −−一研究者としての意見でいいが。

 相沢 チームリーダーとして私はこの場にいる。個人としての見解はこの場で述べることは差し控えたい。

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1010文字)

あわせて読みたい

ニュース特集