メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

匿名リークサイト

来年にも国内で初開設、報道に活用

日本初の本格的な匿名リークサイト「Whistleblowing.jp」の開設に向けて説明する八田真行・駿河台大学専任講師=2014年12月19日午後4時14分、東京都新宿区の早稲田大学で尾村洋介撮影

 ハッカーの歴史やインターネットの匿名化技術に詳しい八田真行・駿河台大学専任講師が19日、早稲田大学(東京都新宿区)で記者会見を開き、内部告発者の身元を分からないようにする匿名化技術を利用した内部告発(リーク)サイト「Whistleblowing.jp(ホイッスルブロウイング・ジェイピー)」を開設すると発表した。告発者が安心して情報をジャーナリストに渡し、公益目的の報道に活用してもらうのが狙い。運営組織や規約を固めたうえで、来年半ばの運用を目指している。

 本格的な匿名リークサイトは、米ワシントン・ポストや英ガーディアンなど海外大手紙で2013年ごろから開設されているが、日本での導入は初めて。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです