メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

◆著者エッセー◆どうしても記しておきたかった兄はやぶさの成果=山根一眞

「はやぶさ2」の完成披露で=2014年8月13日、山根事務所撮影

『小惑星探査機はやぶさ2の大挑戦』を刊行

 「はやぶさ2」の旅立ちはどうしても見守りたいと、種子島に着いたのは当初の打ち上げ予定日の前日、11月29日、土曜日でした。予定では担当編集者など4人で行くはずでしたが、年末進行で超多忙な皆さんは断念、私一人での取材となりました。

 種子島宇宙センターでの打ち上げは、20年前の1994年のH2ロケット1号機以来、何度も見ていますが、一人での取材は初。淋(さび)しいねぇ、と思っていましたが、毎日新聞の永山悦子さんや朝日新聞の東山正宜さんが来ていたのが何とも嬉(うれ)しくて、元気が出ました。

 永山さんと東山さんとは、「はやぶさ」が地球に帰還、大気圏再突入した2010年6月13日の夜、豪州ウーメラ砂漠の同じ場所で劇的な45秒をともに見た同志です。

この記事は有料記事です。

残り6099文字(全文6442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです