STAP細胞

理研調査委員会の会見一問一答(1)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
STAP細胞論文について、報告書の内容を発表する理化学研究所の調査委員会。右から2番目は委員長の桂勲・国立遺伝学研究所長=東京都千代田区で2014年12月26日午前10時114分、竹内紀臣撮影
STAP細胞論文について、報告書の内容を発表する理化学研究所の調査委員会。右から2番目は委員長の桂勲・国立遺伝学研究所長=東京都千代田区で2014年12月26日午前10時114分、竹内紀臣撮影

 STAP細胞論文に関する理化学研究所の調査委員会(桂勲委員長)の記者会見での一問一答の要旨は以下の通り。(敬称略)【デジタル報道センター】

 −−ES細胞が混入したということだが、光る胎盤はなぜあったのか。

 桂委員長 我々は、「光る胎盤は、血液とか胎盤以外のものであった可能性がある」という専門家からの回答を得ている。しかし、それがどうだったかは、最終的には検証できなかった。我々は、胎盤との証明があるとは思っていない。胎盤でないというところまで突き詰めることは難しかった。

 −−メチル化実験について小保方さんはデータを操作したと言っているのか?

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文804文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集