連載

コトバ解説

毎日新聞デジタルの「コトバ解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コトバ解説

「印鑑」と「ハンコ」の違い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「印鑑」と「ハンコ」の違い
「印鑑」と「ハンコ」の違い

実は異なるこの二つ 厳密に区別できるかな

「印鑑」と「ハンコ」の違いは何でしょうか?
「印鑑」と「ハンコ」の違いは何でしょうか?
モンゴメリーさんがプロポーズされOKし、婚姻届にサインするという夢を見たそうです。
夢の中とは言え、ついに運命の人と出会ったのですね。
しかし、浮かない顔をしています。
モンゴメリーさんがプロポーズされOKし、婚姻届にサインするという夢を見たそうです。 夢の中とは言え、ついに運命の人と出会ったのですね。 しかし、浮かない顔をしています。
なんと、「印鑑」を手に持ったところで、旦那さんの顔が虎鉄先生であることに気づいたのです。
しかし、「印鑑」は手に持ちません。
今回はこれを取り上げましょう。
なんと、「印鑑」を手に持ったところで、旦那さんの顔が虎鉄先生であることに気づいたのです。 しかし、「印鑑」は手に持ちません。 今回はこれを取り上げましょう。
今回は「印鑑」と「ハンコ」について解説します。
「印鑑」は本来、押して紙に写る印そのもののことです。「印鑑証明」という書類は実印の印影を記録したものですね。
今回は「印鑑」と「ハンコ」について解説します。 「印鑑」は本来、押して紙に写る印そのもののことです。「印鑑証明」という書類は実印の印影を記録したものですね。
つまり、「印鑑」は名前が刻まれた押す側のものを指すわけではないのです。
「ハンコ」がその押す側になります。「印章」とも言われます。
ビジネスの場などでは正しく使い分けたい言葉ですね。
つまり、「印鑑」は名前が刻まれた押す側のものを指すわけではないのです。 「ハンコ」がその押す側になります。「印章」とも言われます。 ビジネスの場などでは正しく使い分けたい言葉ですね。
「印鑑」持参は間違いなのでしょうか?
「印鑑」持参は間違いなのでしょうか?
持参するのは「ハンコ」であり、「印章」です。
紛らわしいですね。
持参するのは「ハンコ」であり、「印章」です。 紛らわしいですね。
「印鑑」は印影のこと、「ハンコ」は押す側のもののことでした。
「印鑑」は印影のこと、「ハンコ」は押す側のもののことでした。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集