メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織圭

杉山愛さんエール「挑戦者であり続けて」

昨年は世界ランキングで5位につけるなど健闘した錦織圭。今年も一層の活躍が期待される=東京・有明コロシアムで2014年10月5日、喜屋武真之介撮影

 昨季、錦織圭選手は世界ランキング5位まで上り詰めた。躍進をもたらしたのは攻めのプレースタイルを早めにつかんだことが大きい。動き、反応、展開の速さのすべてがかみ合う時にできる攻撃的なテニスは、彼にしかできないものだった。ツアー開幕後に攻めのテニスの手応えをつかみ、本人の中で自信を深めて確立していった。

 マイケル・チャン・コーチとどういうスタイルを作っていくのかを考え、初めは半信半疑で疑問も投げかけていたという。でもチャン・コーチは「このトレーニングをしていればおのずと見えてくる」と信じさせた。それが見えたのが1月の全豪オープンだ。4回戦のラファエル・ナダル(スペイン)との試合はストレート負けだが、3セットとも1、2ポイントの差でナダルを相当いら立たせていた。これだという手応えを1回つかむことが…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです