メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織圭

杉山愛さんエール「挑戦者であり続けて」

昨年は世界ランキングで5位につけるなど健闘した錦織圭。今年も一層の活躍が期待される=東京・有明コロシアムで2014年10月5日、喜屋武真之介撮影

 昨季、錦織圭選手は世界ランキング5位まで上り詰めた。躍進をもたらしたのは攻めのプレースタイルを早めにつかんだことが大きい。動き、反応、展開の速さのすべてがかみ合う時にできる攻撃的なテニスは、彼にしかできないものだった。ツアー開幕後に攻めのテニスの手応えをつかみ、本人の中で自信を深めて確立していった。

 マイケル・チャン・コーチとどういうスタイルを作っていくのかを考え、初めは半信半疑で疑問も投げかけていたという。でもチャン・コーチは「このトレーニングをしていればおのずと見えてくる」と信じさせた。それが見えたのが1月の全豪オープンだ。4回戦のラファエル・ナダル(スペイン)との試合はストレート負けだが、3セットとも1、2ポイントの差でナダルを相当いら立たせていた。これだという手応えを1回つかむことが…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです