メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大河ドラマ花燃ゆ

「幕末男子」支えた無名のヒロイン、真央「責任重大」

ヒロインの吉田松陰の妹、杉文を演じる井上真央さん=東京都渋谷区で2014年11月4日、小川昌宏撮影

 54作目のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」は、男たちが命を懸けて奔走した幕末の激動期を女性の視点で見つめる。主人公は松下村塾の主宰者・吉田松陰の妹、杉文(ふみ)。明治維新を成し遂げ、日本が近代化にかじを切り始める変革期に活躍した「幕末男子」たちを、陰で支え続けた「無名のヒロイン」を描く。総合は4日午後8時、BSプレミアムは同日午後6時スタート。【須藤唯哉】

 高杉晋作、桂小五郎、伊藤博文−−。歴史の教科書に出てくる名だたる志士たちが、松陰を慕った。その中で、これまで文について語られる機会が多かったとは決して言えない。文を演じる井上真央も「正直、主人公がなぜ吉田松陰ではないんだろうと思った」と笑顔で明かす。一方で「何かを成し遂げたという特別な女性ではないので、いかようにもできる役。私自身が演じることで、文さんを知ってもらえると思うので、責任は大きい」と…

この記事は有料記事です。

残り1519文字(全文1896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです