メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受験と私

公認会計士の山田真哉さん 「好きな教科、嫌いな教科を一つずつ持つ」

山田真哉さん=東京都内で2014年11月14日、垂水友里香撮影

 会計学を身近な話題から紹介した「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」などの著書で知られる山田真哉さん(38)。大学受験のまっただ中、阪神大震災で被災しました。避難生活の中での受験勉強やその後、難関の公認会計士試験を制した「受験至上主義」の勉強法とはどのようなものでしょうか。

      ◇

 センター試験の翌々日に阪神大震災に遭いました。家族全員無事でしたが、神戸市灘区の自宅は傾き倒壊の危険があったため、県内の親戚宅に身を寄せました。4人家族の親戚宅に、僕らを含め被災した親戚十数人が避難していました。でも僕には個室が与えられました。「真哉くんは受験生だから、使い」と。同級生の安否すらわかっていないような状況で、ニュースや新聞の訃報欄が気になり、なかなか勉強に集中できませんでした。そのころは英単語帳を読みながら、食料配給の列に並ぶなどしていました。

 そんなとき、大手予備校が被災地の受験生向けに無料、食事付きで寮を開放していることを知りました。浪人…

この記事は有料記事です。

残り1596文字(全文2021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです