メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハリウッド万華鏡

(9)映画よりドラマチックなザンペリーニの生涯

第二次大戦中、ザンペリーニ氏が収容された新潟県の直江津捕虜収容所の跡地は、今日では平和記念公園となり、子供たちの平和学習の場となっている=上越市課原町で2010年10月7日、長谷川隆撮影

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記を題材にしたソニー・ピクチャーズエンターテイメント製作のコメディ映画「ザ・インタビュー」の公開をめぐり騒動となった昨年12月25日のクリスマス、日米関連の映画が封切りされた。アンジェリーナ・ジョリー監督の新作「アンブロークン」だ。

 第二次世界大戦中に日本軍の捕虜となり虐待を受けた元五輪陸上中距離選手、ルイス・ザンペリーニ氏(2014年7月に97歳で死去)の生涯を描いた映画で、宣伝文句は「信じられない実話」。日本兵による虐待シーンを理由に「反日映画」と批判する動きが日本にあるが、ザンペリーニ氏は戦後、捕虜収容所の悪夢にうなされ続けた心的外傷(トラウマ)を克服するため、日本兵を許すという「ミッション」に挑み、日米和解を訴え続けた人物だ。「反日」というレッテルは、的外れとしか思えない。

 「アンブロークン」は、ノンフィクション作家、ローラ・ヒレンブランド氏が10年に発行したベストセラー…

この記事は有料記事です。

残り1815文字(全文2231文字)

堀山明子

1991年入社。静岡支局、夕刊編集部、政治部などを経て2004年4月から09年3月ソウル支局特派員。北朝鮮核問題を巡る6カ国協議を取材をしたほか、夕刊コラム「韓流ざんまい」を連載した。11年5月から現職。ロス暴動20年の企画記事や夕刊コラム「サラダボウル」の連載を通じ、米国の多民族・多文化社会の実情に追っている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです