宝塚プラス

宝塚歌劇 愛と夢、満ちあふれ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宙組次期トップスターの朝夏まなと=田中博子撮影
宙組次期トップスターの朝夏まなと=田中博子撮影

 100周年の顔として活躍したトップが続々と退団を決め、2015年のタカラヅカは世代交代が進む。各組の顔ぶれを紹介する。【出水奈美、田中博子】

花組 台湾で「ベルばら」

 100周年の顔の一人だった蘭寿(らんじゅ)とむが昨年5月に退団し、2003年入団の美貌の男役・明日海(あすみ)りおがバトンを受け取った。大劇場お披露目公演「エリザベート」(昨年8〜11月)は、平日でも未明から当日券を求める行列ができるほどチケット争奪戦が激化した。確かな歌唱力があり、繊細な芝居ができる明日海は、8月の第2回台湾公演「ベルサイユのばら」でも主演を任される。新時代をけん引するスターとして劇団の期待も大きい。

 トップ娘役も「エリザベート」を最後に蘭乃(らんの)はなが卒業し、実力派の花乃(かの)まりあに交代したばかり。新コンビを支える男役は、抜てきが続く芹香斗亜(せりかとあ)と柚香光(ゆずかれい)。瀬戸かずや、鳳真由も人気が高い。昨年末に鳳月(ほうづき)杏が加入。

この記事は有料記事です。

残り2478文字(全文2902文字)

あわせて読みたい

注目の特集