メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北米自動車ショー

「燃料電池車ばかげている」 テスラのマスクCEOが批判

テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者=2014年9月撮影

 【デトロイト清水憲司】米電気自動車(EV)ベンチャー、テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は13日、北米国際自動車ショー開催中の米デトロイトで行った記者会見で、水素を用いる燃料電池車(FCV)について「極めてばかげている」と批判した。水素の貯蔵や管理の難しさを理由に挙げた。EVとFCVは次世代カーの主役の座を競い合っており、さや当てが激しくなりそうだ。

 マスク氏は、テスラのほか宇宙開発企業「スペースX」などを設立した西海岸シリコンバレー発の著名起業家。淡々とした口ぶりながら、物議を醸す発言でも知られ、この日はショー関連の講演会出席のため、ゼネラル・モーターズ(GM)などが本拠を構える敵地デトロイトに乗り込む格好になった。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです