メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

◆著者エッセー◆「いつだってこれからが最高」のために=松浦晋也

松浦晋也さん

「はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査」「小惑星探査機はやぶさ2の挑戦」刊行

 「我々は今、日本の宇宙探査の黄金時代を目の当たりにしている!」

 そう言ったのは、SF作家の笹本祐一さんだった。2005年11月12日、相模原の宇宙科学研究所(当時は宇宙航空研究開発機構=JAXA=宇宙科学研究本部)の、プレス向けに開放された会議室で、はやぶさの着陸リハーサルの様子を見守っていた時のことだ。

 彼の大仰な口ぶりに私は共感した。が、すぐにぞわぞわした感触が襟足にはい上がってくるのを感じた。

この記事は有料記事です。

残り2974文字(全文3216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです