メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK紅白歌合戦

サザンはNMB48の8倍 企画コーナー注力で出演時間に大差

昨年末の紅白歌合戦で出演時間が長かった歌手

 「歌おう。おおみそかは全員参加で!」をテーマに放送された昨年末の「第65回紅白歌合戦」。社会現象となった「妖怪ウォッチ」「アナと雪の女王」などの企画コーナーを随所にちりばめ、平均視聴率は午後9時からの第2部で42.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。前年から2.3ポイント減となったが、7年連続で40%超を維持した。各歌手の出演時間を調べると、最長の歌手は最短の歌手の8倍近い時間を与えられ、歌手間で大きな格差があったことが分かった。NHKが従来の「歌合戦」の性格を崩し、企画コーナーに注力していたことが数字でも裏付けられた。

 分析には、録画した番組の内容や時間のデータを抽出できる全録ハードディスクレコーダー「SPIDER(スパイダー)」(PTP社)を使用。出場歌手それぞれの出演時間を調べた。これには曲紹介などに費やした時間も含んでいる。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです