メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK紅白歌合戦

サザンはNMB48の8倍 企画コーナー注力で出演時間に大差

昨年末の紅白歌合戦で出演時間が長かった歌手

 「歌おう。おおみそかは全員参加で!」をテーマに放送された昨年末の「第65回紅白歌合戦」。社会現象となった「妖怪ウォッチ」「アナと雪の女王」などの企画コーナーを随所にちりばめ、平均視聴率は午後9時からの第2部で42.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。前年から2.3ポイント減となったが、7年連続で40%超を維持した。各歌手の出演時間を調べると、最長の歌手は最短の歌手の8倍近い時間を与えられ、歌手間で大きな格差があったことが分かった。NHKが従来の「歌合戦」の性格を崩し、企画コーナーに注力していたことが数字でも裏付けられた。

 分析には、録画した番組の内容や時間のデータを抽出できる全録ハードディスクレコーダー「SPIDER(…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文1008文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです