メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「逮捕」と「検挙」の違い

事件記事に出てくる身柄を強制的に拘束することはどっち?

[PR]

「逮捕」と「検挙」の違い。
電次さんは、発明家としてお巡りさんににらまれることが勲章だそうです。 電次さんは得体の知れない要注意人物ということですね。 さすがに手錠をかけられて「検挙」ということはないようですが……。
でも、手錠をかけられたら「逮捕」になります。 今回は「逮捕」と「検挙」の違いについて説明します。
「逮捕」とは、捜査機関などが容疑者の身柄を強制的に拘束することです。 「逮捕」には三種類あります。 まず、裁判所が出す逮捕状に基いて逮捕する「通常逮捕」があります。
「緊急逮捕」 は、3年以上の懲役・禁錮やそれ以上の刑罰に当たる罪を犯したと疑うのに十分な理由がある場合にされるもので、逮捕後、速やかに逮捕状を請求する必要があります。 捜査関係者以外の民間人でもできるのが「現行犯逮捕」です。これは逮捕状がなくても可能な逮捕です。 これらに対して「検挙」とは、法律用語ではありませんが、警察内部で使われる逮捕と任意取り調べ(その後の書類送検も含む)を引っくるめた言葉です。
「検挙なだけに謙虚だな」と電次さんが一言。
一概に謙虚とは言えませんね。 電次さん、ダジャレが言いたかっただけですね。 「検挙」は警察統計でも使われていて、「スピード違反の検挙件数」といった使い方をされます。
「逮捕」は容疑者の身柄を強制的に拘束、留置すること。 「検挙」は逮捕と任意取り調べをあわせたもののことです。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです