連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

原油安が止まらない!の巻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
原油安が止まらない!の巻
原油安が止まらない!の巻

ガソリンも安くなる? 世界経済に影響を与える仕組みとは

ガソリンの価格が下がりました。NY原油は1月13日の終値が1バレル=45.89ドルと、約5年9カ月ぶりの安値でした。
電気やガス料金も今春から値下がりするそうです。しかし良いことばかりでもないのです。
ガソリンの価格が下がりました。NY原油は1月13日の終値が1バレル=45.89ドルと、約5年9カ月ぶりの安値でした。 電気やガス料金も今春から値下がりするそうです。しかし良いことばかりでもないのです。
原油価格の下がりすぎが世界経済に悪影響を与える可能性もあります。
原油は、利益獲得を目的とする人々が参加する「先物取引」(将来の特定の日にあらかじめ決まった値段で売買することを約束する取引のこと)です。
景気悪化で市場関係者に石油が以前ほど買われなくなるという見方があること、米国でシェールオイルがたくさん取れるようになったことも原油安の原因です。
原油価格の下がりすぎが世界経済に悪影響を与える可能性もあります。 原油は、利益獲得を目的とする人々が参加する「先物取引」(将来の特定の日にあらかじめ決まった値段で売買することを約束する取引のこと)です。 景気悪化で市場関係者に石油が以前ほど買われなくなるという見方があること、米国でシェールオイルがたくさん取れるようになったことも原油安の原因です。
要するに、原油や天然ガスの供給が過剰なのです。
石油輸出国機構(OPEC=12カ国)は値段が下がるのを放っておいた方が、ライバルの米国のシェールオイルをたたけると思っているようです。
そのあおりを受けたのが非OPECの産油国。ロシアの通貨ルーブルなどはどんどん下がっています。
要するに、原油や天然ガスの供給が過剰なのです。 石油輸出国機構(OPEC=12カ国)は値段が下がるのを放っておいた方が、ライバルの米国のシェールオイルをたたけると思っているようです。 そのあおりを受けたのが非OPECの産油国。ロシアの通貨ルーブルなどはどんどん下がっています。
日本のガソリンの価格は税金だけで全体の4割以上を占めるので原油安の影響は限定的です。
家計や日本経済には追い風でも、産油国の景気悪化で世界経済が混乱したら元も子もないのです。
バランスが大事ということですね。
日本のガソリンの価格は税金だけで全体の4割以上を占めるので原油安の影響は限定的です。 家計や日本経済には追い風でも、産油国の景気悪化で世界経済が混乱したら元も子もないのです。 バランスが大事ということですね。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集