変わる食

「孤独のグルメ」 みんなおなかがすく そこを面白おかしく

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
久住昌之さん=喜屋武真之介撮影
久住昌之さん=喜屋武真之介撮影

久住昌之さんインタビュー

 食をめぐる環境は質・量ともに豊かになった。その一方で「共に食べる」という文化は、社会的な変化につれて変わりつつある。主人公の中年男性が街を歩き、独りで食事をする光景を描いたロングセラー漫画「孤独のグルメ」の原作者、久住昌之さん(56)は「食は誰にも身近なもの。食べることや、おいしそうに食べる様子を見て楽しい気持ちになる感性は、いつの時代も誰でも共通だ」と語る。【聞き手・元村有希子@chibigenome】

−−「食」にまつわる、小さい頃の思い出を教えてください。

この記事は有料記事です。

残り8439文字(全文8684文字)

あわせて読みたい

注目の特集