メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボーイング767

20年以上活躍するセミ・ワイドボディーの中距離旅客機

JALのボーイング767=東京都大田区の羽田空港で、米田堅持撮影

 アメリカ・ボーイング社が開発・生産している双発のセミ・ワイドボディーの中距離旅客機、座席数は180〜350席。1981年初飛行、82年、米ユナイテッド航空で初就航した。2014年現在、約1000機が生産されている。

 開発計画中の73年にオイルショックが発生したことから経済性が重視され、コックピット…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです