連載

コトバ解説

毎日新聞デジタルの「コトバ解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コトバ解説

「三味線」と「三線」の違い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「三味線」と「三線」の違い
「三味線」と「三線」の違い

ルーツは同じ 3本の弦を弾いて演奏する弦楽器

「三味線」と「三線」の違いとは何なのでしょうか。
「三味線」と「三線」の違いとは何なのでしょうか。
演歌好きとして三味線は外せません。
魚屋は、上達したら演奏会を開くそうです。
ケビンは「三線」の音色も大好きなようですね。
演歌好きとして三味線は外せません。 魚屋は、上達したら演奏会を開くそうです。 ケビンは「三線」の音色も大好きなようですね。
「三振」ではなく「三線」です。
心地の良い音色です。
「三味線」と「三線」の違いについてこれから勉強します。
「三振」ではなく「三線」です。 心地の良い音色です。 「三味線」と「三線」の違いについてこれから勉強します。
いずれも3本の弦を弾いて演奏する弦楽器です。
室町時代に中国の「三絃」という楽器が琉球(沖縄)で「三線」となり、日本本土に渡って「三味線」となりました。
それぞれの特徴をみていきましょう。
いずれも3本の弦を弾いて演奏する弦楽器です。 室町時代に中国の「三絃」という楽器が琉球(沖縄)で「三線」となり、日本本土に渡って「三味線」となりました。 それぞれの特徴をみていきましょう。
「三味線」はイチョウ型の撥(ばち)で弦を弾くのが特徴で、胴部分に犬皮、猫皮を用いています。
「三線」は沖縄の楽器で、人差し指に義甲(爪のようなもの)をはめて弦を弾き、蛇の皮を胴に貼ります。
棹や弦に用いる素材や、演奏するときに使う楽譜も異なります。
各部位の名称も異なります。
「三味線」はイチョウ型の撥(ばち)で弦を弾くのが特徴で、胴部分に犬皮、猫皮を用いています。 「三線」は沖縄の楽器で、人差し指に義甲(爪のようなもの)をはめて弦を弾き、蛇の皮を胴に貼ります。 棹や弦に用いる素材や、演奏するときに使う楽譜も異なります。 各部位の名称も異なります。
コラボしましょう。
コラボしましょう。
「三味線」とケビンのテルミンでコラボしたいようです。
どのような音色になるのか、まったく想像がつきませんね。
電次さんに三味線とコラボできる特注テルミンを作ってもらって挑戦するようです。
「三味線」とケビンのテルミンでコラボしたいようです。 どのような音色になるのか、まったく想像がつきませんね。 電次さんに三味線とコラボできる特注テルミンを作ってもらって挑戦するようです。
「三味線」はいちょう型のばちで演奏する日本の楽器です。
「三線」は義甲をつけて演奏する沖縄の楽器です。
各部位の名称もまったく違います。
「三味線」はいちょう型のばちで演奏する日本の楽器です。 「三線」は義甲をつけて演奏する沖縄の楽器です。 各部位の名称もまったく違います。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集