メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「三味線」と「三線」の違い

ルーツは同じ 3本の弦を弾いて演奏する弦楽器

[PR]

「三味線」と「三線」の違いとは何なのでしょうか。
演歌好きとして三味線は外せません。 魚屋は、上達したら演奏会を開くそうです。 ケビンは「三線」の音色も大好きなようですね。
「三振」ではなく「三線」です。 心地の良い音色です。 「三味線」と「三線」の違いについてこれから勉強します。
いずれも3本の弦を弾いて演奏する弦楽器です。 室町時代に中国の「三絃」という楽器が琉球(沖縄)で「三線」となり、日本本土に渡って「三味線」となりました。 それぞれの特徴をみていきましょう。
「三味線」はイチョウ型の撥(ばち)で弦を弾くのが特徴で、胴部分に犬皮、猫皮を用いています。 「三線」は沖縄の楽器で、人差し指に義甲(爪のようなもの)をはめて弦を弾き、蛇の皮を胴に貼ります。 棹や弦に用いる素材や、演奏するときに使う楽譜も異なります。 各部位の名称も異なります。
コラボしましょう。
「三味線」とケビンのテルミンでコラボしたいようです。 どのような音色になるのか、まったく想像がつきませんね。 電次さんに三味線とコラボできる特注テルミンを作ってもらって挑戦するようです。
「三味線」はいちょう型のばちで演奏する日本の楽器です。 「三線」は義甲をつけて演奏する沖縄の楽器です。 各部位の名称もまったく違います。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです