メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

「差別の島」でハンセン病と闘う フィリピン人医師のクナナンさん

アルトゥロ・クナナンさん=東京都港区の日本財団で2015年1月26日午前11時43分、米田堅持撮影

 フィリピン全土からハンセン病患者が集められ、かつて「世界最大のハンセン病隔離施設」とされたクリオン島。施設は米統治下の20世紀初頭に設置されたものだが、現在も島民のほとんどは元患者や子孫、医療関係者らだ。ハンセン病の差別撤廃を訴えるため、1月に日本で初開催された「第10回グローバル・アピール」のため来日したクリオンハンセン病療養所・総合病院長のアルトゥロ・クナナン医師(56)に、差別の歴史を繰り返さないために大切なことを聞いた。【聞き手・垂水友里香】

この記事は有料記事です。

残り4399文字(全文4627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです