メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

どうなる東京五輪の巻

追加種目に採用されるのは野球?ソフトボール?それとも?

[PR]

2020年の東京五輪まであと5年です。 国際オリンピック委員会(IOC)の五輪改革で、開催都市に「追加種目提案権」が認められ、夏季五輪の競技枠28も撤廃され、種目が追加されることになりました。 そもそも「競技」と「種目」の違いは何なのでしょうか。競技はスポーツの種類(例えば陸上や水泳など)、種目はメダルを競うもの(例えばマラソン、百メートル平泳ぎなど)です。
どのような種目が増えるのでしょうか。候補に挙がっているのは、まずは3大会ぶりの復帰を目指す野球とソフトボールです。野球はこれまで銀メダル1個、銅メダル1個を、ソフトボールは金銀銅メダルを1個ずつ獲得しています。 初の採用を狙う競技もあります。例えば、空手、スカッシュ、ボウリング、ウエークボードなどです。なんと100年ぶりの復帰を目指す綱引きもあります。
オリンピックの人気がなくなってきたことで、IOCは大改革を決めました。 招致に立候補する都市が減少し、14年のソチ五輪でロシアが巨額の財政負担を強いられるのを見て、22年冬季五輪招致レースからは4都市が撤退しました。 また、若者のスポーツ離れも深刻なため、若者に人気のある種目の採用も考えています。例えば3人制バスケットボール(3オン3)などです。 男女平等にも力を入れ、女性参加率を50パーセントとする目標を掲げています。IOC内でスカッシュ待望論があるのは、女性の参加率が高まるからです。 トライアスロンは東京五輪から男女混合リレーの導入を目指すそうです。
さて、国立競技場はどうなったのでしょうか。ようやく解体工事が決まりました。これまで業者選定が難航して送れていました。 新国立競技場はデザインが変更され、総工費は1625億円。今後更に増えるかもしれません。 また、改革では開催都市以外の競技実施も認められたので、例えば大阪で予選をする可能性もあります。 スマ町からも五輪に出場できるでしょうか。虎鉄先生のハッパで、善蔵と火達磨、八木、曙が綱引きの練習を始めました。善蔵は、冗談のつもりだったようですが……。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです