メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

将棋のタイトルって?

名人、竜王、王将……レジェンドは大山永世名人ら6人

[PR]

「名人」「王将」… 将棋のタイトル戦って?
ギョロが「いとしい羽生さまへ」と書かれた手紙を拾いました。 その手紙は、フィギュアスケートの羽生結弦選手宛てではなくモンゴメリーが将棋の羽生善治名人に宛てたラブレターだったようです。 今回は将棋のタイトル戦について解説します。
将棋のタイトル戦に出場できるのは原則、プロ棋士だけです。 将棋の段位は6級から九段の15階級に分かれています。 日本将棋連盟の養成機関「奨励会」に入って三段リーグ戦を勝ち抜き、四段に昇段して晴れてプロになれます。
現在タイトル戦は七つあり、中でも、歴史が古い「名人戦」と、優勝賞金が最も高い「竜王戦」は格式が高いとされます。 七大タイトルは「名人」「竜王」「王将」「王座」「王位」「棋聖」「棋王」で新聞社が主催しています。 いずれも1年に1期、タイトル保持者と対戦する挑戦手合が行われます。
名人位に挑戦するには最短でも5年かけてリーグ戦「順位戦」を勝ち抜かなければなりません。 一番下のC級2組で成績が悪いと、順位戦に参加できないフリークラスへ降級となります。 プロ棋士でいるためには、順位戦に出続けないといけない厳しい世界です。
モンゴメリーはスマ町の「有名人」ですね。
名人位を通算で5期獲得すると、最高の名誉である「永世名人」の称号が得られます。 江戸時代以降、世襲などだった名人位を、1935年から実力で決めることになり、49年に今の「永世名人」制度ができました。資格を得たのは▽十四世は木村義雄▽十五世は大山康晴▽十六世は中原誠▽十七世は谷川浩司▽十八世は森内俊之▽十九世は羽生善治--の6人だけです。 十五世の大山名人は50年代から活躍して通算勝ち数は最多の1433勝。今も「史上最強の棋士」と呼ばれています。
将棋の世界は男女の区別ない実力主義です。女性にも門戸は開かれていますが、今のところ「プロ棋士」は男性しかいません。日本将棋連盟は、プロ棋士とは別の規定を満たした「女流棋士」もプロとして認めています。
将棋のタイトル戦は全部で七つあります。 出場するには「奨励会」に入ってプロ棋士になる必要があります。 「女流棋士」だけが挑戦する女流タイトル戦もあります。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです