連載

コトバ解説

毎日新聞デジタルの「コトバ解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コトバ解説

「最大瞬間風速」と「最大風速」の違い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「最大瞬間風速」と「最大風速」の違い
「最大瞬間風速」と「最大風速」の違い

「瞬間風速の最大値」と「平均風速の最大値」 どっちがどっち?

「最大瞬間風速」と「最大風速」の違い
菊「気分は春」
「最大瞬間風速」と「最大風速」の違い 菊「気分は春」
菊「3月だねぇ。気分は春だよ」
ケビン「ソウデスネ!」
菊「そろそろ春一番も吹いたし。早くお花見をしたいもんだねぇ」
ケビン「待ち遠しいデスネ! みんなでお花見、行きマショウ!」
菊「そう言えば、天気予報で風速の話をするじゃないか」
ケビン「ハイ。それがどうかシマシタカ? 何か気になるコトデモ?」
菊「3月だねぇ。気分は春だよ」 ケビン「ソウデスネ!」 菊「そろそろ春一番も吹いたし。早くお花見をしたいもんだねぇ」 ケビン「待ち遠しいデスネ! みんなでお花見、行きマショウ!」 菊「そう言えば、天気予報で風速の話をするじゃないか」 ケビン「ハイ。それがどうかシマシタカ? 何か気になるコトデモ?」
菊「「最大瞬間風速」と「最大風速」って言うのは、あれは何が違うんだろうねぇ?」
ケビン「言葉の解説デスネ! お安い御用デース! 解説シマス!」
菊「「最大瞬間風速」と「最大風速」って言うのは、あれは何が違うんだろうねぇ?」 ケビン「言葉の解説デスネ! お安い御用デース! 解説シマス!」
今回は「最大瞬間風速」と「最大風速」の違いを取り上げましょう。
「最大瞬間風速」は文字通り『瞬間風速の最大値』。
『瞬間風速』とは0.25秒間隔で測定される風速計の測定値を3秒間平均した値です。
風は常に一定の強さで吹いているわけではなく、強まったり弱まったりしながら吹いているため、『瞬間』とはいえ、3秒間の風速の変化を平均する必要があるのです。
一方の「最大風速」は『平均風速の最大値』。
今回は「最大瞬間風速」と「最大風速」の違いを取り上げましょう。 「最大瞬間風速」は文字通り『瞬間風速の最大値』。 『瞬間風速』とは0.25秒間隔で測定される風速計の測定値を3秒間平均した値です。 風は常に一定の強さで吹いているわけではなく、強まったり弱まったりしながら吹いているため、『瞬間』とはいえ、3秒間の風速の変化を平均する必要があるのです。 一方の「最大風速」は『平均風速の最大値』。
『平均風速』とはある10分間の測定値を平均した値です。
「3月3日の最大風速は……」「本日正午までの最大風速は……」などと言う場合、その日の平均風速の中で最も高い値を指しています。
ちなみに、『瞬間風速』は『平均風速』の1.5~2倍近い値になるのだとか。
ケビン「よく『瞬間最大風速』と言う方もいらっしゃいますが、これは間違いデスカラ、ご注意クダサーイ」
『平均風速』とはある10分間の測定値を平均した値です。 「3月3日の最大風速は……」「本日正午までの最大風速は……」などと言う場合、その日の平均風速の中で最も高い値を指しています。 ちなみに、『瞬間風速』は『平均風速』の1.5~2倍近い値になるのだとか。 ケビン「よく『瞬間最大風速』と言う方もいらっしゃいますが、これは間違いデスカラ、ご注意クダサーイ」
菊「ふむふむ」
菊「ふむふむ」
ケビン「いかがデシタカ? ご理解いただけマシタ?」
菊「よーく、分かったよ」
ケビン「良かったデース。ぜひ、天気予報などでチェックしてみてクダサーイ!」
ケビン「いかがデシタカ? ご理解いただけマシタ?」 菊「よーく、分かったよ」 ケビン「良かったデース。ぜひ、天気予報などでチェックしてみてクダサーイ!」
「最大瞬間風速」は瞬間風速の最大値。
「最大風速」は10分間の平均風速の最大値。
「最大瞬間風速」は瞬間風速の最大値。 「最大風速」は10分間の平均風速の最大値。

あわせて読みたい

注目の特集