メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

ココナツオイルで健康にの巻

中鎖脂肪酸が含まれダイエット効果 アルツハイマーにも

[PR]

ココナツオイルが最近人気です。 ココナツオイルは中鎖脂肪酸が多く含まれているため、ダイエットに効果的です。 中鎖脂肪酸はヤシ油やパーム油に5~10%含まれている脂肪酸で、通常の食用油と比べ吸収と代謝が素早く、エネルギーとして利用される効率が高いのです。体脂肪になりにくく太りにくいというわけです。
更に、ココナツオイルには脳の食欲中枢を刺激する「グルコキナーゼ」という酵素を抑制する働きがあるため、食前に摂取すると自然と食欲が抑えられるといいます。中鎖脂肪酸には抗菌作用もあるので、ココナツオイルでうがいをすれば歯周病の予防にもなると言われています。ココナツオイルで保湿クリームを手作りする人もいますね。 それだけでなく、認知症の予防にも効果があるそうです。アルツハイマー病は別名「3型糖尿病」とも呼ばれています。患者の脳内でインスリンの働きが悪くなり、神経細胞はエネルギー源としてグルコースが使えなくなり記憶障害を起こします。
しかし、ココナツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が作り出すケトン体ならエネルギー源として使用可能なため、今までガス欠状態だった脳の神経細胞が活性化し、認知機能が改善するのです。 ただし、ケトン体を取り過ぎると吐き気やだるさを感じる人もいるので1日に大さじ2杯を目安にしましょう。カレーに使ったり、トーストに塗ったり、コーヒーに入れたりするといいそうです。
タイ風揚げ出し豆腐なんておいしそうですね。 作り方は①フライパンでココナツオイルを加熱②豆腐に小麦粉をまぶしてきつね色に揚げる③大根おろしを乗せ、その上にしょうゆをかければ出来上がり。 ダリア先生は、息子の紫苑君に「腕が太くなった?」と突っ込まれ、キレてしまいました。今晩の夕食は激辛ココナツカレーだそうです。しかし、無茶なダイエットはやめましょう。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです