メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

少額投資

関心高まる 「1000円から」に若年層も安心感

 老後資金など資産作りの一つとして、少額で始められる投資に関心が集まっている。資産の少ない若年層などにも購入しやすいよう、投資用の積み立てを500〜1000円からできる金融機関も出ている。昨年から始まった優遇税制のNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)も人気だ。ただ、専門家は「経験のない高齢者は無理に投資をしなくてもよい」とアドバイスしており、じっくり考えたうえで利用したい。

    NISAきっかけ

     2月14日、東京都内で、インターネット証券4社が、イベント「ネットでNISA in Tokyo」を開き、昨年を約500人上回る3088人の個人投資家が集まった。専門家による経済状況の分析や、国内外の投資運用会社による商品の解説、タレントの投資にまつわるトークショーなど朝から夕方までプログラムが続いた。参加者からは「昨年は、投資で生活費1年分をもうけた」「ここで新しい投資手法を学びたい」などと熱心に聴き入っていた。

     記者会見したSBI証券の高村正人社長は「NISAをきっかけに新しく取引を始めた人は3割に上る」と手応えを感じていた。また、楽天証券の楠雄治社長は「500円、1000円から積み立てができる」とし、若い人でも数千円で複数の資産を構成できると解説した。

    若年層への拡大図る

     日本証券業協会が主要な証券会社を対象に行った調査では、NISA口座の稼働率(投資を始めた割合)は50%を切っている。しかし、「1年目は手続きに時間がかかったが、2年目はスムーズに行っており、稼働率は上がってくるのではないか」(高村社長)とさらなる広がりに期待を寄せている。

     一部の投資家の間で話題を呼んだのが1月に放映された三菱東京UFJ銀行のテレビCMだ。女優が投資とかかれた陸上のハードルを前にためらっていたところ、「月々1000円から投資ができ、NISAなら非課税」と言われて、ハードルが下がり、「これなら私も投資デビュー」と跳び越える。同行は「若い世代からの反応は良かった。1000円からということで安心感を得られたのでは」という。

     NISA口座も資産の多い高齢者の利用が多いとされるが、同行は「NISA開設に関する声かけは、投資経験者へは一巡し、投資未経験者に移っている」とし、若年層への拡大も図る。

    年代ごとに傾向

     若年層と、高齢者では投資の傾向に明確に違いが出ている。投信評価会社のモーニングスター(東京都港区)の利用者登録状況によると、60代、70代は分配金が毎月出る投資信託が上位10位を独占した。

     これに対し、年齢が下がるにつれ「毎月分配型」は減り、例えば20代は10本中5本にとどまる。残りの5本は日経平均などの指数に連動する「インデックス」と呼ばれるものだった。モーニングスターの朝倉智也社長は「コストが安く、分配金を出さないため、(そのまま再投資する)複利効果が期待できるインデックスのほうが、長期間投資する若い世代が資産を増やすためには合理的だ。意識の高い人ほどインデックスを選ぶ」と分析する。

     高齢者が毎月分配型を選ぶ傾向については、「経済的な合理性はないが、安心感を得られる『心の合理性』はある。築いた財産を取り崩すための利便性はある」とみる。しかし、高齢者でも投資初心者が退職金などを大きく増やそうと、毎月分配型に集中投資するのは危険だとし、「ハイリスクの投資でいいのか、虎の子のお金が減ったらどうなるのか考えるべきだ」と注意を促す。

    情報に惑わされず

     「投資信託にだまされるな!」(ダイヤモンド社、1620円)の著者でファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子さんも「かつては、投資は何十万円という額が必要だったが、少額でできるようになった。インフレや年金制度のことを考えると、若い世代ほど投資をしたほうがいい」とする。さらに「投資を始めると、ニュースにも関心を持つようになる。その場合、日々の値動きに惑わされないことだ」と述べ、少額を積み立てながら、日本だけでなく国際分散したインデックス投資を始めるよう勧める。

     その一方で、竹川さんは高齢者の投資について「お金がないから投資で増やそうというのは難しい。元本を絶対に減らしたくない人もやめたほうがいい」と指摘している。【柴沼均】

    銀行や証券会社で口座開設

     NISAの口座を開設したい場合は、銀行や証券会社に申し込む。銀行では株を購入できないなど、金融機関によって扱う商品が違うため、事前に調べたほうがよい。申し込みは窓口でもインターネットでも可能だが、ネットの場合は書類が送られてくるので、必要事項を記入して返送する。住民票の写しも必要。開設後は、NISA口座を指定して商品を購入する。不明な点は金融機関に問い合わせれば、教えてくれる。

    ことば NISA(ニーサ)

     2014年1月に始まった個人投資家向けの税制優遇制度。専用口座で年間100万円まで購入した株、投資信託などについて、売却益や配当・分配金の課税(税率20.315%)が最大5年間免除される。若い世代の長期的な資産形成も狙いの一つ。1人1金融機関にしか口座を作れない。20歳以上の国内居住者なら利用でき、非課税枠の拡大や未成年者対象の「子ども版」創設も予定されている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
    2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
    3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
    5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]